So-net無料ブログ作成
検索選択

遠望峰山 [旅行・登山]

割と近い。遠望峰山。

これで「とぼね」と読ませるかっこいい名前の割には三河の低山。
近いのに今まで登山ネタとしてほぼ眼中になかったのは、
三河の低山あるある、昭和の時代に観光開発がなされ、
上まで舗装道路で行けてしまうし、歴史とはいえない残骸あるしで、
興の冷める要因が多かったのもあって。

不動ヶ滝のところから歩いたのですが、「健康の道」と称する道はずっと舗装路。
なんなら山上まで自転車で行ける。ヒルクライムはキツいだろうけど。

思っていたよりも距離があって、1時間ほどで山頂付近の宿泊施設、
そして遠望峰山頂上(443m)、そこから少し先の展望台に到着。

開けた展望台からの海の見える景色はいいですね。風が気持ちよく蚊もおらず。
相変わらず出るのが遅く、もう夕刻近くでしたが遅い昼食を愉しんでのち帰路。
山上海見えランチを手軽にやるにはいいかも。夜も行けそう。またあるかも。


少なく済むと思っていたらそこそこの枚数になった、写真コーナー。

toboneyama1.jpg
不動ヶ滝はあまり“不動”という感じはせず人工感ありやや残念。

toboneyama2.jpg
不動ヶ滝の上から。キャンプサイトがあり幼稚園児たちが炊事か何かでにぎやかだった。

toboneyama3.jpg
道すがら、お地蔵様はお世話行き届いている様子、苔むした感じもよくて。

toboneyama4.jpg
山頂付近の宿泊施設の前に出た。左に登っていくと山頂。

toboneyama5.jpg
旧三河ハイツ、運営が変わったのでしょう旅館『天の丸』は昭和の夢の成れの果てか。
けっこうクルマが停まっていて、それなりにやっていけているのかも。

toboneyama6.jpg toboneyama7.jpg
昔ここには人工スキー場があったと聞く。金網にそして振り返って山頂の案内板。

toboneyama8.jpg
なかなか見事な樹木だなあと思って。何だろ?

toboneyama9.jpg
展望台からは三河湾がよく見えます。

toboneyama10.jpg toboneyama11.jpg
展望台周囲を散策、花がありましたよツツジ?アジサイと何か。

toboneyama12.jpg
これも三河の低山あるある電波塔。まあでも重要ですよね。

toboneyama13.jpg
遅い昼食は今回初めて試してみようとアルファ米におなじみカップ麺。
評判は聞いていたアルファ米、普通においしい!再現性にちょと感動。

toboneyama14.jpg
最後にもひとつ少しズームで三河湾、竹島と三河大島がわかります。
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 4

水鵬

こう言う近くにある低山あるのは良いですよね。
気楽に散歩&運動&食事を兼ねて気分転換に登れるのがうらやましいですw
私は近くても車で1時間かかるので・・・^^;
自然の景色を見ながらのごはんは本当に旨い!
by 水鵬 (2016-07-24 18:54) 

teln

水鵬さんこんばんは!レス深夜ですんません(^。^;)。

近くて気楽に行けるのはいいとしても、
ほぼ舗装路歩きなのでおもしろみには欠けますね。
じゃあ自転車でとなると上りキツいだろうし。
いっそ山上の旅館に宿泊してしまうのが
ここの一番の満喫方法なのかもしれない!
いやーでもそこまでする気にはなれず。

やはり準ホームはちょっと離れていても神石山かなあ。
by teln (2016-07-25 02:51) 

teppan

telnさん こんばんは
ちょー亀コメ失礼します。

トボネ山、私はけっこう好きですよ。
まず名前のとおり眺めがいいですよね。
広々とした山上駐車場やスキー場跡も、今は静かで落ち着けます。
三ヶ根山のロープウェイ跡と言い、元気のあった昭和が、今は寂れてたたずんでいる様子がなんとも良いじゃないですか。廃墟マニアじゃないですけど^^;
by teppan (2016-07-30 23:14) 

teln

teppanさん!こちらこそちょー亀レスすみません(^。^;)。

そうそう、三ヶ根山もそうですよね。
あの寂れた廃れた感じを、痛々しいと感じるか、
時代の流れを歴史と感じ思うことができるかどうか。
でもまだ遠望峰も三ヶ根も宿泊施設は健在で、
そういう意味で死んではいないんですよね!!
廃墟は廃墟で魅力があるし好きな人もいますが、
旅館は生かしつつ、純粋に山としての魅力が増すような、
自然回帰の整備なんぞできないのかなぁと思ったり。
by teln (2016-08-04 18:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。