So-net無料ブログ作成

三ヶ根山 [旅行・登山]

これまた割と近い。三ヶ根山。暑いけれど晴天に誘われて。

ちょっと前に登った遠望山と同じような三河の低山。
ここも、近いのに今まで登山ネタとしてほぼ眼中になかったのは、
三河の低山あるある、昭和の時代に観光開発がなされ、
上まで舗装道路で行けてしまうし、歴史とはいえない残骸あるしで、
興の冷める要因が多かったのもあって(前回記事コピペ)。

いろいろやり口はありましたが、JR三ヶ根駅から歩いて行きました。
ネットでチラッと見た記憶で、市境尾根登山口から登ることに。
多少のアップダウンはあれども緩やかな登り。ただクモの巣が多い!!
早い段階で“クモの巣除去ロッド”(落ちてる枝ともいう)を装備、
インフィニティの軌道で振り回し数多のトラップを回避してもなおかかりつつ進む。

1時間ほどで山上に。山上はスカイラインが通っており、公園の雰囲気。
当然ここも、昭和の夢の跡というか、寂れており廃墟が点々と。
まあそういうのがいいという向きもありましょうが。
三ヶ根観音や一部宿泊施設などは健在。「まだだ、まだ終わらんよ」(意味不明失礼)。
ただ三河湾丸見えの景色は抜群!12時半には見晴台付近のあずまやでランチタイム。
帰路は一ノ瀬登山道で下り、三ヶ根駅まで戻りました。全行程所要およそ4時間。

そういえば、頂上がどこなのかよくわからなかったです。
まあ三角点も気にしないし、ピークハンターでもないのでいいですが、
未確認地帯があるのが少々心残り。季節を変えてまたやってもいいかあ。
やっぱり夏は暑いんですよね…帰宅後のコーラがぶ飲み最高だったけど!


またぞろ小ネタのつもりがやや多くなってしまった、写真コーナー。

sangane1.jpg
峠のラブホ入口近くに登山口あった。なぜ山奥立地で成立するのかは生態学に通じそう。

sangane2.jpg
市境尾根登山口から登ります。

sangane3.jpg sangane4.jpg
こんな感じで道筋しっかり案内板もありまあ歩きやすいですが、クモの巣多い!!

sangane5,jpg.jpg sangane6.jpg
出たロープウェイ駅跡!なんかいいたたずまい。 このへん山頂?三角点は見つけられず。

sangane7.jpg
登山道を抜けて、来たー海が見える景色!!

sangane8.jpg
北側も見渡せます。

sangane9.jpg
意外!営業中のお店がありました。

sangane10.jpg
でも基本的に廃墟が多いです。

sangane11.jpg
NHKテレビ紹介っていつのことよ(昭和と思ったら調べたら意外にも平成3年でした)。

sangane12.jpg
三ヶ根観音。

sangane13.jpg
三ヶ根観音あたりからの景色も素晴らしいです。

sangane14,jpg.jpg
三ヶ根観音はやけに戦没者慰霊推し。

sangane15.jpg
戦没者慰霊碑多数。それには訳があって、NHKテレビ紹介もその内容(ネット検索)。

sangane16.jpg
個人的にはゼロ戦よりも伊400&晴嵐がすごいと思います。

sangane17.jpg
この見晴台も高いけれど、あのチラ見え電波塔のところが一番高そうで頂上っぽい?

sangane18.jpg
見晴台の駐車場のタイヤ痕…“単車ドリフターズ”の仕業か。

sangane19.jpg
見晴台駐車場から北側の眺望。

sangane20.jpg
三河湾を挟んで渥美半島まで見渡せる。あの宿泊施設?は営業しているのかなあ。

sangane21.jpg
これぞ廃墟!見事な廃れっぷり。

sangane22.jpg
見晴台付近のあずまやに戻ってあらためて三河湾を眺め。

sangane23.jpg
今回も昼食にアルファ米、炒飯はまずくはないがちょっと油臭が気になった。

sangane24.jpg sangane25.jpg
下山は来た道とは別にしたく。いったん大沢集落に下ったものの駅方角への山道は不明、
車道ではかなりの遠回りになると感じ、分岐まで戻って無難に一ノ瀬ルートを選択。

sangane26.jpg
一ノ瀬地区の田園風景。
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 4

水鵬

ほほ~三ヶ根山ですか! でも、炎天下の下はキツイなw
写真見ているだけで日焼けしそうw
山登りと言うより廃墟ツアーみたいで、暑そうな中背筋に寒さを感じます。(ΦωΦ)フフフ…
駐車場の跡はローリング族かな?(死語?)
昔は良く集まっていたみたいだけど、今でも集まっているのかな?
元気だね~

by 水鵬 (2016-08-11 10:59) 

teln

水鵬さんこんばんはー。早めレスできてよかった(^。^;)。

真夏の低山は普通に暑い!でも登山道歩きは木陰で
この日は風もあったので思ったより汗だくでもなかった。

廃墟は変な話保存したくなるくらい見事でした。
ああ、あーいうことするの「ローリング族」っていうのね!
やんちゃカルチャーには疎いもので(^。^;)。
廃墟の落書きとセットなのかもなあ。
by teln (2016-08-12 00:08) 

teppan

こんにちは

三ヶ根山の市境尾根は一度歩いたけど・・・
自分もインフィニティー軌道で格闘しましたが、結局クモの巣だらけになっちゃって、後で電車に乗るのに気が引けました~(^。^;)

戦没者慰霊碑が立ち並ぶ光景は異様な感じがしますが、稜線から海を眺めてみると、ここはそういうものの適地だなと納得できます。
A級戦犯となった人の遺骨を納めたお墓もあるんですよね。

ここは廃墟マニア垂涎の地ですね。草むらの中のロープウェイ跡がいい仕事してます。
by teppan (2016-08-13 11:39) 

teln

teppanさんこんばんは!これまた早めにレスできて
よかったけれど、ドラまた負けましたね…(^。^;)。

市堺尾根、歩く人少ないんですかねえ?
ちょっと油断すると頭部に足元にクモの巣べかーって。
あとたまに藪漕ぎめいたことあったり。夏だからかな。

A級戦犯のお墓はネット情報で知っていましたが、
最高地点と思われる電波塔のほうに行かなかったので
見ずじまい。まあ、登山にいるかいらないかでいったら
それはいらないんですけど、そういうのを受け入れる
懐の深さがここにはあったということなんでしょうね。
今度やるときは行ってみようか。でもこの手の話は
長くなりそうなので、深入りせぬよう気をつけなきゃ。

そう廃墟、もう少しで歴史になりそうな醸成っぷりでした。
by teln (2016-08-14 00:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。