So-net無料ブログ作成
検索選択
パソコン ブログトップ

RSSリーダー難民 [パソコン]

数年前からか、自分好みにカスタマイズできるポータルサイト兼RSSリーダー、
「My Yahoo!」を愛用していたのですが、このたび9月29日をもって終了…。

そういえば以前、My Yahoo!が「引っ越しツールを爆速準備」とかいって
Googleリーダー難民を受け入れていたっけなあ…そのときは他人事で
気に留めてもいなかったけれど、それが我が身に降りかかるとは。


「My Yahoo!」(今は亡き)

myyahoo.jpg
ヤフーのコンテンツを中心にファイナンス系の情報収集に便利だったのになあ。


RSSリーダーって“オワコン”なんですかね?終了頻発で愛用者にとっては受難。
私は必要な情報を効率よく集められて便利だと思っているのですけど。

で、終了のアナウンスがあった6月からすぐに移行先を探しまして、
めどをつけたのはGoogleのブラウザ「Chrome」で拡張機能で使える「iChrome」。
今のところ広告はなく見た目My Yahoo!よりもいい感じ。しかし、気軽にチェックできた
株価ポートフォリオや為替ボードなどのヤフーのコンテンツはあきらめた格好。
とりあえず、当面はこれを使っていこうかと。“IE”の脆弱性問題のときに
インストールしてのちほとんど使っていなかったChromeも活用できるし。


「iChrome」(Chromeの拡張機能)

ichrome.jpg
ヤフーのコンテンツは本体で見ればいいとして。無駄あるも見た目スタイリッシュ。


そして、この9月になって突如現れたのが「Feed Watcher」。
運営会社によると、「2013年にiGoogleが終了となり、その後公式でも受け入れ先として
アナウンスがあったMy Yahoo!を弊社社員の多数が愛用しておりました。残念ながら、
この度My Yahoo!が終了することとなり、しばらくその後継となるサービスを探しては
待ち続けておりましたが、なかなかこれといったものが出てこない状況の中で、
『これはもううちでMy Yahoo!難民の受け皿を作るしかないのでは』という
使命感が出始め、開発に至りました。」…とのこと、その志、素晴らしい!!
「My Yahoo!・iGoogleの正統進化系」をうたっており、日に日に改良がなされ
見た目も類似。が、移行先としてはまだ足りず。使う側はわがままなもので、
「RSS数1ページ20件を30件に増やして」、「記事表示件数を1から変更したい」、
「メールに株価に為替等ヤフーのコンテンツの導入を」などと思っていたりして、
“正統継承者”には期待が膨らみ、進化すればこっちが大本命。よろしく頼んます!!


「Feed Watcher」(http://feedwatcher.net/

feedwatcher.jpg
見た目はMy Yahoo!にソックリ。機能も着々と実装されてきており期待大。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

生きていた [パソコン]

昨年9月に電源が入らないという故障で修理に出したノートパソコン、
修理費用が保証金額超過とのことで追加料金を支払い新しい代替機を買って一件落着、
元のパソコンはそのまま戻ってきていたのですが、それをついに処分しようと。

無料回収業者に送る前に、もしかしたらと思い、念のためコードを繋ぎ電源オン…
電源入ったー起動した!!突然電源が切れて以来およそ150日ぶり。生きていた!

しかし一体何だったんだ…電源が切れて入らなくなってから、電源コードを抜いたり、
バッテリーを外して電源コードを繋いだり、放電のため電源ボタンを長押ししたり、
ひととおりは対応したはずなのだけれど…修理業者の点検もかいくぐっているし…。
時間を経て復活したところを考えると、帯電&放電絡みなのか…謎。

こうなると、代替機の新しいWindows 10搭載ノートパソコンは1万円台で
安く手に入ったことになるけれど、Windowsの現役機が3台とだぶついてしまった。
まあ、メイン機は“7”で完走、生まれながらの新機の“10”を並走させつつ、
生きていたサブ機の“7”は無償で“10”にする検証機という使い道もなくはないが…。
あとは売るか譲るか。あまり無駄が好きではないので、少し気になっている次第。


こいつが生きていた機体、帰ってきたLenovo。

winpc2.jpg
こんなことになるんなら代替機はMacBookにしときゃよかった(^。^;)。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

残念延長保証 [パソコン]

今メインで使っているパソコンは2年前に買ったショップブランド即納モデルの
ノートパソコンで、Windows 7なのだけど、昨年2月には同じくWindows 7で、
自分のサブ機&家共用として安いLenovoのノートも購入、たまに使っていました。

そいつが、1年半ほどで故障!週1くらいでしか使ってなかったのに!!
突然電源が切れ、あとはもううんともすんとも、電源が入らない。どうしようもない。
コンセントに繋いだACアダプタから「ビ・ビ・ビ…」と小さく音が鳴っているのは、
ネットで調べるとどうやら電源系統の異常のようで、ある修理業者のサイトでは
Lenovoのノート型でも同様の症例が散見され、内部チップの交換で対応しており。

こちとら信頼性の低いパソコンのこと、有料でも延長保証にしておりますよ。
さっさと修理出し、当然無償で修理されて返ってくるかと思いきや。

文書にて返信。「…修理金額がご購入金額を超過することが判明致しましたので、
規定に基づき代替品をご提供させていただくことになりました。」…おいおい、
一応4万円台で買ったパソコンですよ、パーツ交換でそんなにかかる?というか、
提携修理会社のスキルがないせいでマザーボードごと交換になっていやしないか?

さらに、「修理限度額超過のため代替品提供となりましたので、
以下の機種をご提案させていただきます。ご購入された商品は、
保証限度額内においての同機種、並びに同等機種のご提供が
不可能な状況となっておりますので、お客様にご負担金額が発生しています。」
…見積修理料金は4万円台半ばで、超過額はわずか4千円台。
それでも有償で代替機買わされるのか!!延長保証の意味ないじゃん…。

とはいっても、これは規定であったのだから仕方がない。
ただ、保証会社の提案する代替機ではLenovo2万円台、ASUS3万円台、
NEC8万円台と負担額があまりに大きいうえに“ソレジャナイ”感がひど過ぎ。
「弊社ご提案の機種以外に、ご希望商品がございましたら型式等ご連絡いただければ」
とあったので調べてみると、保証会社提案の機種も含め市場価格はもっと安い。
市場の安値圏の価格ならば修理限度額を超えない機種をいくらでも選べるのに、
代替機の入手先は提携修理会社とのことで、市場価格より1〜2万円以上は高い。
なんか釈然としないけれど、今から仕入れるのだから安い旧機種は無理でしょう、
どのみち“8”は嫌いだ、この際Windows 10が載っかった新しい機種を選ぼう。

で、気分の問題でLenovoではなくAcerの2015年秋モデルノートをチョイス。
同じ中華でも台湾メーカーのほうがまだ信頼おける…というのはたぶん気分の問題。
特にパソコンの中身においては。当初は2万円台の負担をいわれ了承していたが、
電話では高く見積もっていたのか、代引で届いてみれば結果1万円台の負担で済んだ。

これで3年延長保証は終了となり、代替の新しいパソコンは普通に1年保証。
結局、最初に買ったパソコン代と有料延長保証代、今回の超過額負担代を合わせて
6万円でWindows 10搭載ノートパソコンを購入した(高い)ということになったのと、
延長保証の落とし穴、内容にもよりますが、安いパソコンを買うとこういうこともある、
保証会社&修理会社も不採算になるようなことはしないという勉強になりました。


思いがけずやって来た新パソコン&Windows 10。

winpc.jpg
セットアップや設定いじりに少々時間かかったけれど慣れれば問題ないでしょう。
下には返ってきた旧機プチプチに包まれて。時間があれば分解する楽しみ方も
あるのでしょうが面倒、たぶん無料回収業者に送ってサヨウナラだと思う。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

AirMacがお逝きに [パソコン]

この6月は何かと不調で、月初から半ばにかけては風邪が長引き、
それが治ったかと思えば胃腸の調子は悪いまま。さらに地味に続く頭痛。
投資もうまくいかずちょっとまいっていたところへ、畳みかけたのがAirMacの死。

「AirMac」というのはAppleの無線LANルーターのこと。
iBook G4と同時に導入したのがおそらく初代のAirMac Expressで、
以来10年以上自宅ではWi-Fiでネットに繋がり、ケーブルいらずで快適でした。

が、ついに、我が家のAirMacもお逝きになられ。電源が入らなくなった。
急に無線LANが使えなくなるとやっぱり不便で、少しうろたえましたが、
なんのことはないLANケーブルを直接パソコンに繋げばいいだけのこと。
ただLANケーブルの出どころが限られるため、辺ぴな場所でのパソコン操作となる…。

調べると、この初代AirMac Expressはどうも電源ユニットが弱いらしく、
こちらの状況と同じ症例がネット上で散見され、10年使えたなら天寿を全う、
長くもったほうなのかなと思えるほど。メーカー修理もできない様子。

それでも詳しい方だとパーツ屋で部品調達して直してしまう内容もあったけれど、
こちらはそんな技量もはんだごても持ち合わせていないため、ヤフオクで同機種を調達。
まあ最新世代の新品を購入し対応できるWindowsで制御する手もありましたが、
今までの環境のままで安く済ませたかったので。送料込み1,687円にてAirMac復旧。

そして今ブログ記事アップ。また故障するかもしれないけど…そのときはまた考えよう。


Appleらしいスタイリッシュさがいいんですよねこれ。

airmac.jpg
だがデザインのために排熱性能が損なわれているとしたらそれはいただけない。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

パソコン新調 [パソコン]

前回VAIOを買ってから7年以上も経ったかぁ、訳あってパソコン新調。
訳というのはアレですよ、例の“XP”サポート切れに迫られてあー釈然としない。
まあ性能的にもちょっといっぱいいっぱいかなーというのもありまして。

Macにしたい気持ちはやまやまだったのだけれど、やはり実用面と価格で、
なおかつWindows 8じゃあなく“7”にしたかったのでVAIOもナシ、
ショップブランドのBTOパソコンしか選択肢はなく。

しかしWindows 8、何なんですかあれは!!タブレットにもなるってさぁ、
今まで普通にパソコンを使ってきた人にはいらない機能で、中途半端も甚だしい。
タブレットはタブレットでそれ用にOS作ればいいんだよアップルのiOSみたいに。
もしマイクロソフトが改心しないようなら…Macに帰還することになるでしょう。

結局、選んだのは『パソコン工房』のBTOというか即納ノートパソコン。
少しばかり中国製っぽさが見え隠れするもののデザインは無難で悪くはない。
価格相応。というか、メーカー品は高いな。中身は変わりゃしないのに。

Windows 7は、望み通り“XP”に近くてすんなり移行できそう。
“7”のサポート期限は7年後の2020年東京オリンピックの年か。
それまではコレでいくつもり。CPUはCore i7でメモリ8G、いけるでしょー。
大体7年前のVAIOだってネットに電子マネー決済にまだまだ使えてたっつーの。
そして今ブログを編集しているのは9年前のiBook G4でありますいまだに。


VAIOが置いてあったときとほとんど変わりませんが。

desktop5.jpg desktop6.jpg
ソリッドな外観は嫌いではないよ。    Windows 7。奥にはMac OS 7.6が健在〜。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

まだまだ古Mac延命 [パソコン]

ウチの“古Mac”(Power Macintosh 7200/90)につながっていた
Apple純正17インチCRTのモニタが、ついに逝かれまして。

モニタが映らなけりゃ何もできません。やむを得ず、新調することになったー。
ちなみに、6色リンゴマークに愛着あった純正ディスプレイはAppleに回収を依頼。
4,200円かかったよ〜。処分するのに金かかる、そういう時代なのね…。

で、デザイン重視でEIZO(ナナオ)の15インチ液晶をチョイス。
買うにあたって調べてびっくり、液晶ディスプレイって思っていたより全然安い。
でもナナオのは高い…しかし見た目に妥協はできず。品質も申し分なかろうし。

早速セッティングしてみたら、あー省スペースで机上が広く使える!
今までのCRTディスプレイは17インチだったしとにかくデカかったからなぁ…。
古Macからは推奨解像度で32000色表示だけれど、映りも問題なし。
さらに、同じ机上で使っているノートパソコン(VAIO)をつないでの
デュアルディスプレイ環境も整うこととなって、めでたしめでたし。

そしてついでに、モニタとほぼ時を同じくして逝かれてしまっていた、
Power Mac 7200/90に最初から搭載されていた500MBハードディスクを、
2年前にヤフオクで確保しておいたApple純正2GBと、交換、無事マウント!

ふぅ、これでまたこの古Macを、まだまだ使っていけると思います。


desktop.jpg
グレー色で古Macとの相性も問題なし。6色リンゴのマウスパッドが健在(^。^;)!

desktop2.jpg
机下に見える古Macの新モニタと、手前にあるのがVAIO。

desktop3.jpg
デスクトップ、Windows XPといまだ健在のMac OS 7.6!!

desktop4.jpg
VAIOとつなげればデュアルディスプレイ環境に!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

今さらiTunes [パソコン]

iBook G4を愛用して4年以上経過しているのですが、
今年になってようやく、「iTunes」を使い始めました〜。

今までは、iPodを持っていないのもあって、
iTunesには用はないと思っていたんですよね。

音楽を持ち出すのはいまだにMD。ただMDって、マイベスト編集とかで
収録しようと思うと、曲や時間を考えたりCDを取っ替えたりする作業が
かなり手間なんですよねぇ。まぁそれが楽しいといえば楽しいんですけど。

そこで今ごろ、ふと思い立ったのがiTunes。
少なくとも収録曲の組み合わせによる時間の集計が楽になるんじゃないかと。
使ってみたら…楽!編集がすごく楽!今さらだけどこれ使えるじゃん!!
オーディオにつなげればジュークボックス的な使い方もできるしー。

しかし問題は、iTunesで編集した“プレイリスト”をどうやってMDに落とすか。
現在の使用環境では当然ながら、iBookからCD-Rに落として音楽CDを作成、
それをオーディオで再生させてMDに録音するというこれまた手間のかかる
やり方になってしまいます。が、それでもオーディオだけでの
MD編集に比べたらずいぶん楽なんで(^。^;)。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Firefox導入の巻 [パソコン]

今年になって、日頃よく利用しているYahoo! JAPANのトップページと
So-net blogがリニューアルされました。

そこでこちらでは問題が。愛機iBook G4のMac OS X 10.3で使っているブラウザ、
Safari 1.3では、Yahoo!トップページでは推奨ブラウザ外になり限定付きの表示に。
So-net blogでは管理ページ内でのレイアウト変更がままならず、
さらに、“プロフィール”や“地図”のページに行こうとすると
クラッシュするという不具合が見られるようになってきた〜。

ちなみに、Mac OS X 10.3のブラウザもうひとつの選択肢、for Mac最後の“e”、
Internet Explorer 5.2では、こちらは以前からすでにそうでしたが、
So-net blogの表示すらうまくできないありさまです…。

3年以上前に買ったパソコンのソフトじゃもう時代遅れですか…
アップロードしようにも、Mac OS X 10.3じゃ最新のSafariは使えないのです。
まぁ、ウィンドウズパソコンもあるし、それで“e”を使えば問題ないけど…。

それでもやっぱり、今まで通りiBook G4でブログなどやっていきたい。
打開策をと考えたとき、ふと思い立ったのが「Firefox」というブラウザ。
利用している各サイトを回って確認してみると、案外“推奨ブラウザ”に入っている。
現行版はMac OS X 10.3にも対応。これだ、早速ダウンロード&インストール。

使ってみると、全然、普通に使いやすいじゃないですか。
立ち上がり少し待たされ感はあるも、読み込みは早く感じる。
今のところ不具合もなし。よかったよかった、めでたしめでたし。

それにしても、このそこはかとない郷愁のような感覚は何なのだろう…
そうか!Firefoxって、Netscape NavigatorあるいはCommnicatorの
成れの果てなんですね!!昔のインターネットはMacなら“N”が定番で、
ご多分に漏れず自分もそうでした。今でもうちの現役“古Mac”には
Netscape Commnicator 4.7が入っていて、使えるようになっています。
使ってもシンプルなウェブサイトしかうまく表示できませんが…。

そんないきさつもあって、最後は芝居がかっちゃいましたが(^。^;)、
“Mozilla Firefox”にはAppleのSafariとともにがんばってほしいですね〜。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ヤフオクで古Mac延命 [パソコン]

最近ブログの記事やコメントで話題に上っている
ウチの“古Mac”(Power Macintosh 7200/90)ですが、
着々と延命処置を施しておりましたよ〜。

ここで使えたのが、「ヤフオク」、ネットオークションです。
ヤフーオークションって、昔は出品も落札も手数料がかからなくって、
数年前にテクノCDと18きっぷを出品して売ったときは手数料はなかった。
やはり同じ古Macのブラウザ延命処置として、Flash 5 PlayerのCD-ROM付き書籍を
落札したときはもう手数料がかかった。それ以来、ヤフオクからは離れていました。
が、今はまた、落札額4,999円までは手数料がかからないのですね。
それで俄然ヤフオクを使う気になりました。

ヤフオクをチェックしていると、いやぁこれ、欲しいものは大抵出てきますね!
探していたCD-RWドライブMac用セットが3,000円+送料850円、
念のための汎用ハードディスクフォーマットソフトが200円+送料220円、
さらに予備のApple純正ハードディスク2GBが2,010円+送料600円、
当時の価格を考えれば安い安い。これで希望のものはすべてそろいました!

こりゃあヤフオクって、中古品であることさえ気にしなければすごく使えるな…。
今回の場合は10年前のオールドMac用のものを探していたんですから、
新品なんかありはしないわけで、当然安いし、ほんとちょうどいい。

CD-RWドライブについては、別途ショップで、付属していたSCSIケーブルに
変換アダプタが必要だったので購入、1,780円。本体のゴム足が1つなかったので
汎用のゴム足セットを購入、220円。外付け機器なのでコンセントが足りなくなる、
OAタップを880円で購入、ついでにCD-RとRWのメディア(650MB)も購入〜。
つか、SCSIケーブルってば、店のケーブルコーナーの隅にひっそりとながら、
まだ置いてあるのですね!でも変換アダプタごときが1,780円とは…高い!!

で、今日は初めて、古MacでCD-RWにデータを記録してみました…
B's Recorder GOLDというライティングソフトを起動して…できた!
焼けた〜!まさかこの古MacでCDが焼けるようになるとは…感無量。
これでもう、データのバックアップや受け渡しは万全です!!

今度のテコ入れで、ウチの古Mac、かなりの延命になったと思います。
中古Macをショップで買ってハードディスクを交換したところから考えると、
総額1万6千円ほどの延命投資。まぁ、これくらいならいいでしょう。
それに、愛機をまた使えるようにするのは楽しい作業でした〜。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

中古Macから部品取り [パソコン]

先日も少しブログの記事で触れましたが、
ウチの現役“古Mac”(Power Macintosh 7200/90)に
数年前に増設した、内蔵ハードディスクの調子がどうにも悪い。

ネットなどでいろいろ調査した結果、物理的にダメなっていると判断。
完全にお逝きになられたわけではないけれど、一部領域で読み込み書き込みが
できなかったり止まったりするのは大問題。これはもう交換するしかありません。

しかし、10年前のMacのハードディスクの接続は“SCSI”。
なおかつ、自分が欲しかったのは別途汎用フォーマッタのいらない
Apple純正のハードディスクで、そうなるともう中古でだって見つからず。

こうなったら、中古Macから部品取りだ〜!
ショップで、内蔵ハードディスク目的で中古Macを探す。
1997年発売のPower Macintosh 7600/200を見つけ、3,980円で購入。
ついでに内蔵電池も買って、配送料も含めて6千円ちょっとの出費。

7600/200の内蔵ハードディスクは2GB。今の基準で見ると少ないですね!
でも、調子の悪いハードディスクと同じ容量だし、こちらの環境ならこれで十分。
関係ないけど、この機種、CPU交換不可の7200ユーザーには特にあこがれだった
PowerPC 604が載っています。当時は30万円弱はしただろうに…
時代の移り変わりを感じずにはいられません(^。^;)。

じつは部品取りは初体験。ちゃんとやれるか、
ハードディスクは問題なく動くか、不安もありましたが、
SCSIのID設定も当時の雑誌の記事を見てすぐできたし、内蔵電池も無事に交換。
ハードディスクを外して交換する際、スペースが狭くてSCSIケーブルと
電源ケーブルの着脱にちょっと難航したけれど、なんとかなりました。

が、プラスチック部品の劣化はどうにもならなかったです。
ロック機構のツメの部分とか、思いがけず力がかかってしまうとすぐ割れる!
7200と7600は同じ筐体なので、部品を取り替えて事なきを得ました〜。

交換取り付け作業を済ませたら、あとは動作確認。
Mac起動…よし、交換したハードディスクも普通に認識します。
“ドライブ設定”でパーティションの割り振りをしつつ初期化。
7200に最初から内蔵されているハードディスク(今はバックアップ用)から
システムフォルダやアプリケーションなどファイルをコピー。
それから“ノートン先生”でチェック。起動…問題なし!!

と、ハードディスク交換、無事完了したのでありました〜。
増設ハードディスクは同じApple純正でも、メーカーはSeagate(シーゲイト)から
Quantum(クアンタム)のものに。交換したハードディスクのほうが静かだなぁ…
当時の雑誌には「シーゲイトのドライブは音が静かで…」ってあったのに!

しかし、しょせんはオールドMac。これは延命措置です。
「ハードディスクは消耗品」とも聞きます。またいつハードディスクが逝くか…。
そんな不安感から、次の一手も。もうひとつ、サードパーティー製の
内蔵SCSIハードディスクとフォーマットソフトを手配しています!
それと、対応するCD-Rドライブとライティングソフトも探し中。
もちろん中古ですよ。でもこれがなかなかないんですよねぇ。

もう、中古品でもないんだから、純正品にこだわっている場合ではない〜。
また適当な中古Macごと買ってしまえばSCSIのApple純正ハードディスクは
手に入るけれど、ハードディスクを抜いて残った本体をどうするかが問題です。
いらなきゃ粗大ゴミ。ジャンク品としてでも、こんなの欲しい人いるのかな…。

そして、こんな“はぐれMac”な記事わかる人いるのかな…(^。^;)。
nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

古Macに没頭 [パソコン]

ここんところ、普段はメール落とし込みとフォトレタッチ以外あまり使っていない
“古Mac”(ちなみに機種はPower Macintosh 7200/90)に没頭していました。
どのくらい古いのかといえば、もうかれこれ10年以上前のシロモノです!!

わけあって、グラフィックソフトをいじくりまわしていたのです。
自分、いわゆる創作ごとをやり出すともうまさに「没頭」という感じで、
ゴハンを食べるのもどうでもよくなっちゃう。ブログだって例に漏れず。
最近の為替や株価の急落もちょっと棚に上げてある状態(^。^;)。

しかも、さすがに古Mac、ハードディスクの調子が悪い。
ある特定の作業をしようとすると決まって止まって再起動…。
ただでさえ処理速度が遅いというのに、ますます時間がかかったよ〜。

それでもこの古Macを使う理由は、たとえ10年前のシロモノとはいっても、
スキャナ付きプリンタがつながっていて写真や手書き原稿を取り込めるし、それに、
ひととおりのグラフィックソフトやフォントがインストールされているからです!
今使っているノートパソコン(iBookとVAIO)にはそういった装備を施しておらず、
もっぱらインターネット用だったりしますから。

そうはいっても、さすがに今回は限界を感じました。
なんせ、古Macにはフロッピーしかデータを外に落とすすべがありませんから
(FDに落としたところでどこも受け手はないだろうしどうにもならないが…)、
大きめの画像データを落とす場合はメールに添付して自身のアドレスに送信、
ノートパソコンでそれを受け取り、ようやく煮るなり焼くなりできるわけです。
それだって、本当に大きな画像データは、古Macのインターネット接続が
ピーヒョロロ〜のダイヤルアップ接続のため無理がある!

でも、新しいデスクトップのパソコンを買うほどでもないし、
古Macは使い続けていきたいし、中のデータはかけがえのないもの。
どうしたものか…いつかは作業環境は移行しなきゃいけないんだろうけれど…。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

またバッテリー回収… [パソコン]

先日、「ソニー製のバッテリーセルを使用したノートパソコンが
過熱・発火する可能性がある」として、デルがリコールを発表しました。
その後、「アップルの製品も」という話がありましたが、
まったく気にしていませんでした。

が、しかし、一昨日あたりの新聞でその関連記事を確認したら、
デルの製品とともにアップルの製品名も並んでいました。その中に、
見慣れた機種名を発見。自分が使っている「iBook G4」が含まれている…。

まさかと思いつつも、アップルのウェブサイトにアクセス。

「アップルでは日本のソニー株式会社製のバッテリーセルが含まれた
特定のリチウムイオンバッテリーがまれな状況で過熱するという
安全上の問題を引き起こす可能性があることを確認いたしました。」

「対象となるバッテリーは、12インチiBook G4…(省略)、
2003年10月頃から 2006年8月頃の期間に世界各地で販売されました。」

シリアルナンバーを確認すると…バッチリ該当するじゃないですかー!
チーン、iBookのバッテリー、2回目の自主回収、交換決定〜。
早速、「バッテリー交換プログラム」に申し込んでおきました。

ちなみに、1回目のバッテリー自主回収は昨年5月、
「韓国LG Chem社が生産した特定の製品」とのことでした。
そして今回、2回目はソニーかぁ…しっかりしてよソニーさん〜。
なんだかんだでソニーには一目置いているんですから…。

というか、交換してもらったバッテリー、ソニー製だったんですね。
この一件で初めて知りました。今度届くバッテリーはどこのなのかな。

あれ、ソニーだったら、VAIOは大丈夫なの?
今年になって「type F」を購入、使っているんですけれど…。

そんなわけで、まったくもってついていないマイiBookなのですが、
考えようによっては、また新しいバッテリーに交換してもらえるわけで、
じつはラッキーなのかもしれません。買ったらけっこうな値段ですもんね。

そもそも、今使っているバッテリーはこの夏を乗り越えているし、
そんなに熱くはならないし、不良品だとは思えません。
きっと、過熱、発火までしちゃうものはごくまれなんでしょう。
前回もそうでしたが、今も使っている回収対象のバッテリー、
返さないで使い続けたくなる衝動にかられます(^。^;)。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

MacでWindows!? [パソコン]

今朝、テレビを見ていたらアップルの話題が。
なになに、「MacでWindowsが使えるようになる」って〜!?

詳細はこう。アップルコンピュータが4月5日、
インテルMacでWindows XPの利用を可能にするソフトウェア
「Boot Camp(ブートキャンプ)」を発表したとのこと。
現在、ベータ版がアップルのウェブサイトからダウンロード可能で、
製品版は、次のMac OS X 10.5「Leopard(レパード)」の
一機能として提供される予定だそうです。

これはちょっと、Mac愛用者の自分としてはうれしいニュースですよ〜。
今年になって、為替や株のオンライントレードをするために
やむを得ずウィンドウズパソコンを購入したのですが、
これからはもうそんな必要はないってことですから!
あ、Windows XPのパッケージは買わないといけないかぁ。
でもこうなったら、次に買うパソコンはもうMacで決まり!

インテルMacが発表されたときは、「ええ〜!?」って、
少しばかり抵抗も感じたものですが、いざそうなっちゃえば、
「外見は変わらないし、安くて早いなら問題なし!」でした。
そのうえWindowsがインストールできて使えるというのなら、
むしろ「インテル入ってる」のメリットは大きいです。

そうそう、今はもう流れていないかもしれませんが、
インテルMacのテレビCM、かっこよかったですよね〜!

「インテルチップ、それは長い年月、PCの中に閉じ込められてきた」
「地味で小さな箱の中で、単調な作業を繰り返してきた」
「そして今、その能力を活かすため、インテルチップは解放される」
「自由で創造的なMacの中で…」

懸念していた「チャンチャンチャンチャーン♪」もなかったし。
アップルと組んでインテルもイメージアップじゃないですか?
あのCMを見て、「さすがMac!」と再確認したのでした〜。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

VAIO買いました! [パソコン]

パソコンは長年Macを使っているので、Macが大好きなのですが、
ついに、自分にとって初のウィンドウズパソコン、VAIOを買いました!
MacからWinへの移行組はVAIOを買う人が多いと聞いたことがあるけれど、
いろいろ見比べた結果、結局自分もVAIOになってしまいました〜。

長らくPower Macintosh 7200/90を使ってきて、
昨年の1月に2台目のMacとなるiBook G4を購入しました。
それからちょうど1年たらずで新しいパソコンを買ってしまうという、
これは、自分としては大変な暴挙です!

それにはもちろん理由があって、それは…インターネットでのオンライントレード!
インターネットでの株取引やFX(外国為替証拠金取引)をしているのですが、
Macには対応してないシステムが多く、不自由極まりなかったんですよねぇ。
それがもう我慢ならーん!ということで、初めてWindowsに浮気(^。^;)。

ちなみにVAIOは、インターネット直販のソニースタイルで
type FのSPEC-S(メタリックグレー)を選びました。
無線LANは必要。ハードディスクの容量は少なくていいや。
メモリは512MBは欲しいかな。CPUはキャンペーンでお得だという
Pentium M 740でいいかぁ。そしてソフトはなんにもいりませーん。
必要最低限のカスタムメイドで、12万円弱になりました。

ただ、自分の部屋に合うものをと考えれば、
本当はiBookのようなホワイトカラーのノートブックが欲しかったんです。
が、type Fのホワイトには自分の使わないソフトが付属していて、
価格もメタリックグレーのSPEC-Sより3,000円高くなってしまう〜。
それでもいつもなら見た目(デザイン)を優先しているところなんだけれど、
今回は使い方が限定的だし、「余分なものはいらない」という選択をしました。
メタリックグレーかぁ、コンセプトのとおり、ビジネスライクだなぁ〜。
まぁ、「オンライントレードも仕事のように真剣に取り組め!」
という意識を持つためにも、よしとしますか〜。

というわけでこのパソコン、完全にインターネット専用機です!
しかもオンライントレード特化。ブログくらいは見るかなぁ。
ネットサーフィンは慎みます。決まったサイトにしか訪れません。
WindowsはMacと違ってウィルス感染が多いというし…。
でもこの使い方、iBookでもそうだったのですが〜。

さてさて、早速VAIOを箱から出して、使ってみます!
う〜ん、見た目からソニーっぽい(^。^;)。
スリムだけれど大きさとグレー色も相まって重厚な感じ。
そして電源オン、Windowsを起動。
設定を済ませて、AirMacの電波もすんなりキャッチ。
無線LANでインターネットにつながりました!
これは思った以上に簡単快適ですね〜。
OSも含めてデザイン、使いやすさともに
Macのほうがいいのは揺るぎないところなんだけれど、
とりあえずtype Fについては、液晶画面が大きくて見やすい!
ノートパソコンなのに自分の部屋のテレビよりデカい画面(^。^;)。
あとはこれで、Macでできなかったオンライントレードが
できるようになるしねぇ。結局それが最大の利点なのです〜。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

もう新しいiBook!? [パソコン]

えー!もう新しいiBookが出たの〜!?
今年の1月にiBook G4を買って約半年、
早くもこの気持ちを味わうときが来てしまいました〜!

新しいiBook G4は、見た目はまったく変わっていませんが、
各スペック、着実にバージョンアップしています。
もちろん最新のMac OS X Tiger搭載だし、iLife '05付属。
そのために標準搭載メモリも512MBに増えている〜。

それよりも魅力に感じたのが、Bluetooth 2.0標準装備もさることながら、
“トラックパッドスクロール”や“緊急モーションセンサー”ですよぉ〜。
特にトラックパッドスクロールは、ウェブサイト閲覧にはいいよなぁ〜。

でもまぁ、OSなんかTigerでなくってもPantherで十分!
Pantherならメモリも256MBでいいし、Pantherのほうがシンプルで素敵!
Tigerは余分な機能が多すぎるよ〜“ウィジェット”なんていらないもーん。
と、思うしかありません(^。^;)。

それに、今となっては旧型となってしまったこのiBookで
半年の間に得られたもの、いろいろな経験は、大きいです!
と、思うしかありません(^。^;)。

そうやって自分にいい聞かせることで、先代でまだまだ現役の
Power Macintosh 7200/90は、10年使い続けることができたわけで〜。
このiBook G4だって、いけるところまで使っていくぞ〜。決意(^。^;)!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Mac OS再インストール [パソコン]

このところ、ネット接続がどうも調子悪い!
ということで、関係ないかもしれないけれど、
iBook G4に付属のMac OS X 10.3を再インストールしてみました。

それにしても、最初からのインストールって時間かかりますね〜。
ネット接続でのソフトウェア・アップデートもあったりして、すごく時間がかかります!

しかも、そのソフトウェア・アップデート中に、ネット接続が途絶えたのか
途中でエラーが出たりして、その時点でもうOSが問題ではなく…。

となると、AirMacの無線LANか、ADSLか。どちらかが原因、かなぁ?
原因はよくわからないです。が、AirMacの設置場所は遠いかもしれない〜。

でも、最初からインストールし直すのって、なんだか気持ちがいいですねー。
ソフトウェア・アップデートが途中でエラーになったのは気持ち悪いけど!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

iBookバッテリー交換 [パソコン]

iBook G4のバッテリー交換プログラムに申し込んで10日ほど、
ようやく良品のバッテリーが届きました〜。

けっこう、無造作に梱包されてくるものなのね。ダンボールの外箱の中に、
プチプチに包まれたバッテリーがほぼ裸の状態で入っていました。

これでひと安心だけれど、今まで使っていたバッテリーって、
このままもらっちゃって、使っていてはいけないのかなぁ?

「過熱発火の可能性がある」っていうけれど、
今のところそんな兆候はまったく見られないんですよね〜。
もしかしたら、これから夏になって気温が高くなると危ないのかも…。

やっぱり怖いな〜。該当バッテリーは今日で使うのをやめて、
素直に返送しようと思いまーす!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Mac、インテル!? [パソコン]

最近、パソコン関連ではこの話題で持ちきりですね〜。
「アップル、2006年よりインテル製マイクロプロセッサを採用」!

こちら、IBMの第一世代PowerPC、601が使われている
Power Macintosh 7200/90を長年使っていまして、
今年1月にようやくのセカンドMac、iBook G4を購入したので、
PowerPCのはじめと終わりで接点があったことになるのかな?

当然、愛着あります!デザインと使い勝手でもMacが好き。
ウィンドウズパソコンはちょっと…と思っている自分としては、
「インテル入ってる」ようになるのは、一抹の寂しさを感じてしまいます。

それにCMとか、本体に付けられるかもしれないシールとか、
ちょっとかっこ悪いなって、やっぱり思ってしまうんですよね〜。

でも、中身のことについては、あまりこだわりはないです。
安くていいものができるんなら、問題ないんじゃないでしょうか。

ただ、ハードもソフトも、これまでのPowerPCユーザーのサポートは
しっかりやっていってほしいなぁ。捨てないで!また10年使いたいんだから!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Mac、初の受難 [パソコン]

じつは、かれこれ10年来のMacユーザーなのです。やっぱりMacがイイ!
最初に買ったPower Macintosh 7200/90は今でも現役(!)なのですが、
今年になって、ようやくの“セカンドMac”となる、iBook G4を購入!
AirMacでの無線LANも導入で、インターネット接続に大活躍です!

長年Macを使っていて、昔のOS“漢字Talk”はよくフリーズしたとか、
これは今もだけど、Mac対応のソフトやウェブサイトが少ないとか、
それ以外は特に困った事態に遭遇したことはなかったんだけれど…

つい先日、iBookを買った販売店から封書が届きまして、
チラシとかのダイレクトメールかと、おもむろに封を切ると、文書です。
「Apple iBook G4 バッテリー回収・交換についてのお知らせ」!?
マジですかー!?いやこれは確実に、自分が買ったiBookは該当します!
初めて不良品の自主交換に遭遇。これはMacを使ってきて初の受難といえます〜。

しかも、「これらのバッテリーは過熱し発火する可能性のあることが判明」、
「すぐに使用を中止し、バッテリー交換プログラムにお申し込みください」、
「回収対象のバッテリーをわずかの間でもご使用になる際は、
コンピュータの側を離れないように」って。おいおい、怖いな〜。
でも、今のところそんな症状出てないんだけれど…今も使ってるし(^。^;)。


早速、アップルのホームページのサポートのところから申し込みました。
http://www.apple.com/jp/support/

そして、マイMac道。
http://teln-origin.blog.so-net.ne.jp/
nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
パソコン ブログトップ