So-net無料ブログ作成

オーディオ機器新調 [音楽]

自分の中でいろいろ要因もあってか、ちょっと財布の紐が緩んでる今春、
割と即決でポチってしまったあよオーディオ機器新調。

というのも、長年愛用(といっても夏場は熱が心配で電源プラグ抜いてた)
していたパイオニア(今は残念なことになってる…)のDJごっこができる
ミニコンポ「RMX9」が、2年くらい前からかな、どうも左の音量が小さい
低音が響かない。これまではバランスつまみで左右の音量を調整して
だましだまし使っていたけれど、ここへきてやっぱり気になってしまい、
スピーカー左右入れ替えたり検証した結果、アンプ内部の問題だと確信。
今パイオニアブランドを扱っているオンキヨーもパーツ保持しておらず
修理も不可とのことで、もう新しいの買ってしまおうと。

で、選んだのがティアックの今どきMD付きのCDプレーヤー「MD-70CD」と、
アンプも同社の「A-R630 MKⅡ」。前者はもはやMD付きはこれ一択、
後者はとにかく安くてまともなアンプをということで。
これでDJミックス以外RMX9と同等に使え、音質は向上のはず。

スピーカーはRMX9のものを流用。RMX9もアンプ部以外は問題ない
(とはいっても過去2度3度と修理に出した問題児なのだが…)ので、
引退させるのも惜しく、出力端子に手持ちのモニタースピーカーつなぎ新機と併存。
鳴らしてみると出力端子は音量一定なのか、スピーカー側を左右同音量にしても
音量差は感じられない。新アンプにつなげる手もある。まだ使えるな。

新機は当然今までより音いい。メインで聴いてるのがテクノなんでアレだけど。
初鳴らしはHardfloorの「Lost In The Silver Box」。古いが新機を見て思い立った。
TB-303ビヨビヨサウンド鳴きまくり。今まで聞こえなかった音が聞こえるような。
アコースティックやオーケストラ的な音ならもっと違いがわかるのかも。
これまで通りテレビの音やパソコンなどからの音も出せるんで楽しみ。

周辺品は、コンセント穴足りず電源タップは買うことになったけれど、
それ以外はすべて付属品や手持ちのもので済ませた。オーディオの世界って、
こだわり始めると“沼”にハマりますよねえ絶対。高尚な音楽聴いてるわけでもなし、
高いものそろえたって、音の質やら機微やら自分がわかるとも思えない。
必要最低限に徹した次第。しかし、このデジタルの時代にそぐわないものを
買ったなあという気もする。ハイレゾとかブルートゥースとか無縁。MDだし!!


で、ビフォーアフターこうなった。

audio1.jpg
RMX9はミニコンポながらCDプレーヤー2台でDJミックスができるという、
DJ機器で定評あったパイオニアらしい代物。各機器が独立しているようで、
独自のフラットケーブルでの接続ゆえアンプが死ねば使いようがなくなる。

audio2.jpg
新機はシルバーボックスの古めかしいデザインも統一感あり違和感少なく旧機併存。
それにしてもアンプのデカさといったら。もっと小さくならんのかね。
ラック内のスペースがなくなって圧迫感が出てしまったのがネック。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。