So-net無料ブログ作成

正月ひとり中山道 [旅行・登山]

2019年になりまして1月2日(水)、正月というか休みだったもので、
ひとり中山道のいいところ、中津川駅から落合、馬籠、妻籠、
三留野手前の南木曽駅まで、日帰り歩き旅。

これまでこの“ゴールデンコース”には、なぜか連れ合いありで過去2回。
前回は7年以上前か。今回は満を持してのひとり歩きで、マイペースやりたい放題。

このルートのこの道順は自分の中でもう最高。旧街道の名残多く、
馬籠や妻籠は古い町並みなどなど見どころいっぱい。要所要所で道標もあって、
舗装路には色付きの小石が散りばめられておりわかりやすく、地図なしでも迷わない。
総距離およそ20kmの行程は、9時台にスタートすればランチタイムに馬籠、
おやつタイムに妻籠を経て、夕方にはゴールできる。休憩にちょうどよく絶妙な位置に
宿場町があるのですよね。さすがに歩いて往来した時代の道だけのことはある。

今回はひとりだったので、飲食は現地調達(予定通りを減らし偶然性を楽しむ)
かつコンビニ(中津川駅にしかない)と自販機の使用禁止、地図は見ない、
といったルールを課しましたが、まったく問題なし。誰にでもおすすめできる。
クルマで馬籠や妻籠だけ観光する人が多いですが、歩いてこそですよ宿場町は。


ひとりだったもので今回ばかりは写真がちょっと多くなりました。

nakasendou6.jpg
中津川宿の東端かな、再現された高札場(江戸時代の官報掲示板)。

nakasendou7.jpg
与坂立場跡。宿場と宿場の間にある茶屋を「立場茶屋」といい、
ここには越前屋という茶屋があり三文餅を売っていたそうな。

nakasendou8.jpg
落合宿は馬籠や妻籠と比べたら地味ですが名残は感じられます。

nakasendou9.jpg nakasendou10.jpg
落合の石畳。3カ所70mは現存、全長840mの石畳が復元されており。

nakasendou11.jpg
新茶屋にある民宿。江戸の終わりころにここに移ったから「新茶屋」だそうで。
わらび餅がその茶屋の名物だったという。

nakasendou12.jpg
振り返って歩いてきた方面の景色を。今回ところどころに残雪が。
着込んだうえに歩いているのでそんなに寒くない。上り坂ではちょっと汗ばむくらい。

nakasendou13.jpg
いい感じの集落。旧街道の舗装路には色付き小石が敷き詰められておりわかりやすい。

nakasendou14.jpg
馬籠城跡地に雪だるまが。

nakasendou15.jpg
馬籠城跡の案内板。街道沿いの小高い山に城は戦国あるある。

nakasendou16.jpg nakasendou17.jpg
来ました馬籠宿!正月でも観光バスはいるし人多い。人が少ないときを見計らって。

nakasendou18.jpg
ひととおり見歩いて現地調達ランチは定番の五平餅&おやき。

nakasendou19.jpg
馬籠上陣場跡より恵那山を眺めつつ…

nakasendou20.jpg
ランチおかわり別の店のおやき2種。

nakasendou21.jpg nakasendou22.jpg
山間部の道中はけっこう雪が残っており。 いかにも旧街道沿いらしい集落。

nakasendou23.jpg
車道ですが馬籠峠、岐阜県から長野県へ。昔は馬籠って長野県の山口村でしたよね。

nakasendou24.jpg
残雪の道の先には立場茶屋跡にある牧野家住宅。

nakasendou25.jpg nakasendou26.jpg
少し寄り道、当時から名所だったという男滝と女滝。滝の両サイド凍ってる。

nakasendou27.jpg
前にもいたかも、途中の集落にいた人懐っこい犬。愛でられているのがよくわかる。

nakasendou28.jpg nakasendou29.jpg
やっぱり長野県のほうが雪が多く。    またまた旧街道沿いの古めかしい集落。

nakasendou30.jpg
妻籠まであと少し、民宿がある大妻籠の集落。

nakasendou31.jpg nakasendou32.jpg
やって来ました妻籠宿。馬籠より落ち着いた雰囲気で時間のせいか観光客も少なめ。

nakasendou33.jpg
寄り道で妻籠城址。これまた戦国あるある街道沿いの山城。

nakasendou34.jpg
妻籠城址の山上から、歩いてきた馬籠峠と妻籠宿を一望。

nakasendou35.jpg
城山北側からは夕日に照らされた中央アルプスの白い山々が。

nakasendou36.jpg
最後に、南木曽駅近くのSL公園ではSLがイルミネーションで飾られて。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2018年12月投資結果 [投資]

はい元日。年々陰鬱な気分に…と思ったら、昨年も同じこと書いてた。
いつも通り、2018年12月の投資結果。

結果は…635,850円の利益となりました。
内訳は、FXでの利益が620,275円、株の配当金が12,671円、貸株金利が596円と、
FXの取引に応じたキャッシュバックで808円、
証券口座開設時のキャンペーンで1,500円もらえています。

FX、無念。期待していた円安ドル高ならず、円売りポジションは手じまい。
ただ、ストップロスの逆指値がいいところに設定してあったので損失は抑えられた。
年越しポジションは年末に打診買いした米ドル・円と、ユーロ・円の売り、
レンジ相場のうちに積み増してしまったユーロ・ドルの売り。
スワップ運用分除く。ドル安ユーロ高なら大打撃必至。

FXシステムトレード(自動売買)の「シストレ24」雑感、
1万通貨×99回の決済で▲26,235円、損失(スワップ▲6,068円含む)。
久しぶりにフルオートが選んだストラテジーが大きく勝ってくれたものの、
メインのベアトリス姉妹が不調。年末とか薄い相場が苦手で、例年通りなら
年またぎのポジションは持たない設定だったはずだけど、今年は動いてる…。

現在稼働中の“ストラテジー8”(設定いじらず元金200万円で運用)
+フルオート(独自設定1万通貨単位で追加100万円で運用)、今月の結果。
「WaveRider GBPJPY」…+23,870円、5勝1敗、年末に1度手動決済介入も奏功か。
「QuickShift GBPAUD」…+12,771円、1勝、これは薄利の範疇で今の含み益に期待。
「PipSniper EURJPY」…+4,780円、5勝4敗、年間でも短期でもまさに一進一退。
「DBSwing EURUSD」…決済なし、売りポジションを長く保持していてユーロ安待ち。
「Bayyan 2015 EURUSD」…▲21,286円、1敗、190pipsで損切り、ユーロ高は逆風。
「Beatrice ADX01 EURUSD」…▲35,378円、5勝11敗、“07”と少し取引に違いが。
「Beatrice 07 EURUSD」…▲43,660円、4勝11敗、苦手な相場では止めるべきか。
「TidalWave NZDJPY」…▲55,120円、1勝8敗、小さい損を重ねたが含み益に期待。
「利益更新OR一発トップ1実現T30改」…+93,856円、久しぶりに大勝ちありがたい。

株と投資信託、中間配当各社から。懲りずにイーレックス500株買い増し。
年末ラリーを期待したのが間違い、大きく下落。保有株の評価額も大きく減少。
今の水準ならいろいろ買っていっていい気もするけれど、先行き不安だな…。
あと、岡三オンライン証券の口座開設時のキャンペーンでまたはした金ゲット。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー